So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

7/8 氷室京介 さいたまスーパーアリーナ 2日目 [ライブ]

7月8日(日) 画像追加!

昨日の余韻もまだ残りつつ、夜中までブログの更新をしていたものだから眠さもいっぱいあったのに、朝早く7時に目が覚めてしまった。 ライブの為に大事をとって2度寝する(笑)。 それでも9時に目が覚めてしまったので今度は起きた。 多少、昨日のブログを手直しして画像を加えたりした。

今日の出動はAE92レビンにした。 そのため、ここ数日の天気の不純さでシマウマのようになってしまった白い車体を洗う事にした。 オールペンして2年が経つけど、コーティングの効果もバッチリだ。

そんなこんだしていると昼を回って、13時半。 昨日より30分早めに家を出発する事にした。 今日は入場前にグッズを買うつもりだ。 ところどころ、渋滞する箇所があって、やはり日曜日は交通事情が少しばかり違うようだ。 それでも1時間ちょいで到着できた。 が、問題があった。 昨日停めた駐車場が一杯で、入庫待ちで道路で並んでる車がある程だ。 時間に余裕があるから俺はそのまま4台目として並んだ。 かなり待ったが、なかなか中に入れる気配が無い。 仕方なく、ちょっと歩く事を覚悟で離れたパーキングを探して停める事にした。

会場に着くと、おいおい、昨日よりも早く着いたのに、昨日よりも既に人混み状態だった。 みんな早ぇなぁ。 と思いながらグッズ売り場に並んだ。 こちらはそんなに混雑はしてなかった。 でも目当てのリストバンドはもう売り切れていた。 しまった! 昨日買っておけば良かったと後悔。 とりあえずクロスのペンダントとタオルを購入。 しばらく付近をカメラ撮影することにした。 

次第にAゲートの前に並ぶ列が多くなって来た。 時刻は16時。 並んでいる人達が中に入っていく動きがあった。 あれ? 1時間も早く入場させるの? と思い、俺もチケットを手に取って列に続く事にした。 

で、だ。

その時、やっと事の真相に気付く。 

今日は開場16時じゃん!

そして開演は17時。 昨日より1時間も繰り上がってる。 2DAYSとも同じ開始時間だとばかり思っていた。 大宮も神奈川も名古屋も確か同じ時間だったし…。 やれやれ。 どうりで駐車場も混んでるし、人の集まりも早いわけだ。 昨日よりも30分早く来たつもりが、昨日よりも30分遅く着いた計算だ。 謎が解けたけど、どうもスッキリしなかった。 よーし、これはライブでスッキリするぞっ!!

今日の座席は、200レベル(2階って意味)の234扉から入って20列722番だ。 昨日の236扉よりステージに近くなったんだけど、少し上の方に上がってしまった位置だ。 それでも昨日よりも確実に見やすい好位置だった。 ステージも近いし、モニターもハッキリ見える。 ますます大島さんが見えなくなるのが心配だったが、そんな事は全くなかった。背中がちゃんと見えていたし。 っていうか、ベースの大西が鉄骨の模様の隙間からかすかに見える程度という事になっていた。 あらら。 これじゃ全然わからねぇよ。

着座したのは16時半ぐらいだったかな。 あと30分ほどで始まるなと思いながら周りを見渡していた。 徐々に空席が見あたらなくなり、完全満席となったようだ。 17時に昨日と同じく場内アナウンスが入って、近くの人は立ち上がって手拍子始めたよ。 気の早い人達だ。 そんなんで最後まで体力保つのかな? アナウンスが終わると、徐々にみんな立ち始めて手拍子を送った。 俺も今日は早めに立ち上がって開始を待った。 そうそう、アナウンスが昨日と違って、カメラ撮影がある事も伝えられた。

17時5分。 BGMが早いフェードアウトで途切れ、次いで客電が消える。 場内の空気が変わった。 と共に大歓声がほとばしる。

 いい雰囲気だ。 かなり斜めからステージを見る形だったが、ステージ奥のスクリーンもなんとか見える感じだった。 それに、氷室がよくMCで言っていたマニュピレーターって仕事をするコンピュータデスクもよく見えていた。 ちなみにその奥に、意外にも大島さんのポジションが良く見える形だった。

『 IN THE NUDE 』から今日は、というより今日も完全燃焼状態で突入。 みんなステージが近いからHey! Hey!の掛け声がすごい!

『 SWEET REVOLUTION 』では最初のイントロが終わった所で氷室は「さいたまーーっ!!!」って叫んでいたし。 なんかこの曲で既に右手を挙げるのが辛くなってキタ。 どうしよう…(>_<)

『 WEEKEND SHUFFLE 』は氷室は間奏時、いつものように、「ルルルルルルァ!!!」と鳴らしていた。 今日はこれがハッキリ聞き取れた。 『 BITCH AS WITCH 』う~ん、よく覚えてない。 記憶が飛んでしまってる俺。 で、最初のMC。

HEY! HEY! HEY!
ようこそさいたまベイ~ベッ!!
逢いたかったぜ!
OK、長い長いツアーも最終日だぜ!

OK、思いっきり愛し合おうぜ!!!
思いっきり行くぜ!!

『 WILD ROMANCE 』の最初のサビでは、なんと氷室がステージの右端まで来てくれた。 ちゃんとこっちを見ていたようだ。 昨日は左右の移動ってあったのかな?って思うぐらいだったから、すごくウレシイ。 間奏のときは、氷室がモニタースピーカーの上に駆け上ってジャンプして、そのまま宙を蹴ることもやっていた。 結構動き回ってるよ、今日は。

『 HARVEST 』と『 永遠 ~Eternity~ 』はずっと聴き入ってしまった。 モニターもよく見えるし、ステージの生の氷室もよく見える。 特にモニターでアップの表情を拾ってくれた時なんて、結構氷室はにこやかにしているのがよく分かった。 DAITAもアップもあったりして、この人、いつも無表情なんだね。 話には聞いていたが、涼しげにギターを弾いてるって感じ。 でも SAY SOMETHING の時のように、頭が取れちゃうぐらい上下に振る事もする人なんだよな。 本田はメロディに入り込んで弾いてる。 アップの時、結構よく見てると口を開けているのが多かった。 うん、これは俺と同じだ(笑)。 知らず内に開いちゃうんだよな。 

『 EASY LOVE 』から『 LOVERS DAY 』 気が付くとドラムの Charlie Paxson の迫力がこの曲でも伝わってくる。 この人、ホントにスゲェドラマーなんだな。 あんなパワーと繊細な面をちゃんと持っているよ。 スピーカーに近いせいか、音圧がすごくてビシビシ伝わってくる。 氷室は「♪oh my lover's day」を2回しか会場にマイクを向けなかった。 カメラ撮りだから気にしたのかな? 

『 CALLING 』もずっと聴き入ってしまった。 昨日はやらなかった曲だ。 続く『 MEMORIES OF BLUE 』は大島さんがサックスを吹く。 昨日はALISONで聴かせてくれたが、今日はこの曲だ。 なんか鳥肌が立ってしまうんだよな。 今日は昨日より席が近いせいか、生の大島さんもよく見える。 モニターでもハッキリと見える。 それが余計に素晴らしい演奏に引き込まれてしまう。 そして昨日には無かった中盤のMC。

サンキュー、スーパーアリーナ!
楽しんでくれてるか?
後ろの連中も楽しんでくれてるかぁ~?
 
OK、今回のこのツアーは、え~、新しいアルバムから、それから、ずっと、ファーストアルバムの昔ッからのアルバムから、え~、俺が、個人的にすごく気に入ってる曲ばっかり立て続けにやってるんだけど。
え~、次の曲は、俺が、ファーストアルバムで特別にちょっと、あの、思い入れを込めた曲を贈りたいなと。
え~、昔あの、バンド時代に Dreamin' っていう曲があって、その曲をやる前に、大抵必ず夢をいている連中に贈りますって言った後にDreamin'って曲をやってたんだけど。
 
この曲は、次の曲は、その、夢を見れない連中に…、俺はこうやって結構 態度デカく、いつもいるんで、比較的悩みもないような感じで、見えてるかも知れないけど、結構あの~、当時、そのDreamin'って曲をやってる時に、いろいろファンの連中からもらってるファンレターで、自分は夢を見れずに、人とうまくコミュニケーション取れずに、何をしていいのかも分からないし、自分なんかホントにつまんないみたいだと、いうファンレター沢山もらったんだけど、その、え~、ファンレターを読んだ時に、自分がソロになってね、1発目に何を歌おうかってそのテーマを考えた時に、まず自分もね、偉そうに夢を見ている連中にっつって、そのDreamin'って曲やってたけど、そいつらは、上手くこう、社会に融合できない所は一緒だなと、いうところで何か自分のメッセージを贈りたいなって事で作った曲を1発行きたいなと思います。
STRANGER

結構このMCは話してくれた。 途中で曲に行っちゃうのかなって思ったけど、意外にも長く話してくれた。 もう最後だから言っちゃうけど、以前は氷室、この話をする時に、「ファンからメールをもらってたんだけど…」ってよく言ってたんだよな。 この時代、メールって…ないよ(笑)。 でも今日はちゃんとファンレターって言っていた。 多分、自分でも気になってたか、周りから同じように「氷室さん、メールってその当時ありました?」とか言われてたのかもな。 今日はカメラ撮りもあるから、ちゃんとしとかないとってことで。 

『 STRANGER 』は久しぶりに聴く曲だな。 ギターのメロディアスなトコが好きだな。 続く『 IGNITION 』がくると、展開が読めてるから安心して楽しめる。 何が来るか分からないのもいいんだけど、それは昨日味わったから、今日はいろんなトコを余裕を持って見ていたい気がしていた。

『 MISS MURDER 』の掛け声は楽しいよね。 昨日は曲がなかったから出来なかったけど、1発も残さずHEY!と高々と拳をあげて楽しんだ。 そして、これまた久しぶりのトラメガの登場。 う~、しびれる~。 モニターにもアップされてるからもう、たまんないね、これ。 早くDVDにならないかなって待ち遠しい。

『 CLAUDIA 』では、気が付くと周りでみんな歌っていた。 この曲でも間奏中に氷室は「トゥルルルルァ!!」とノドを鳴らしていた。 氷室はステージの左端に行こうとしていたけど、既にDAITAがいたので行き場を失ったかのように見えた場面もあった。 この曲だったかな、ギターの本田はモニタースピーカーの上に乗っかって1回跳ねてたりしていたし、あ、そうそう、ドラムの前に行ってCharlie Paxsonに向かって首を右左に振ってたりもしていた。 西山も前に出てきてたし、とにかく人の動きの激しい曲だ。

『 SAY SOMETHING 』 ここは気持ちよく俺は歌えた。 DAITAの首振りも今日でラスト。 そしてアレがある。 「♪ Blue Eyes Really Got Lonely」の照明チカチカ。 昨日に続けてステージ&客電の全てでチカチカ攻撃。 目、目が~っ!

『 NATIVE STRANGER 』 この曲では「♪ NOBODY EVERYBODY LOVE SOMEBODY IT’S TRUTH 」はみんなで合唱。 氷室も意識してマイクを客席に向けていた。

『 WILD AT NIGHT 』 は本編最後の曲。 客電が全て明るくなり、みんなのテンションも最高潮。 俺はもう腕が張ってきて上がらなくなりつつあったけど、我慢我慢。 もうCLAUDIAからのラスト4曲はスピード感最高!!

さいたま、最高ー!!

で締めた。 で、昨日に続けて花火が上がった。 数を数えたら8本だった。 アンコールに入って、我に返ると、もうグタグタに疲れている俺がいた。 いつものように席に座る。 中には立ってる人もいるんだけど、ゴメン、立ってられない。 体力回復タ~イムってことで。

そうだ。 何の曲だったか忘れたけど、歌詞を替えて「ANGEL」って歌ってた曲があった。 何だったろう?

本編はちょうど1時間半で終わった。 これは大体、どこのホールでも共通していた感じだ。 これから残り30分ぐらいが、どういう展開になるのか楽しみだ。

ステージに照明が息を吹き返すと、ひと列前の女性がDAITAコールを連発。 結構声が高い。 氷室が出てきて何か一言。 何て言ったのか聞き取れなかった。 う~。 そのまますぐ曲を始めた。

『 MOON 』 この曲だったかな、氷室が歌っている時にモニターに顔がアップになるんだけど、高いキーが出にくいような、一瞬キツイ顔してた。 本編の後半で結構張り切っていたからなぁ。 あともうちょっとだぞ、氷室、ファイト!

センキューありがと。
今回はこのツアーは、約3ヶ月ちょっとの間で、ほとんど50本近い感じの、47本予定で。
途中あの~、風邪を引いちゃって1本だけ、鹿児島で、ステージが出来ずに飛ばしちゃったんだけど、46本ステージをやってきたんだけど、え~、今回あの、最終日に、この昨日と今日と2日間に向けて1ヶ月ちょっとぐらい、OFFがあったんで、特別にあの、最後だからみんなに何かプレゼントしたいなってことで、 俺の好きな曲をちょっと、コピーしてきたんで、それを贈りたいなと思います。

昨日と言い回しがちょっとだけ違うので何が来るかな?と思っていると、『 B・E・L・I・E・V・E 』だ。 これは昨日と同じ。 そんなにいろいろと替えるのは大変なんだろうな。 と思いつつも、結構ウレシイ俺。 ここでも大島さんはサックスプレイヤーとして参加。 あれ? 昨日は吹いていたっけ? 記憶にないぞ。 ってか、昨日はそれどころじゃなかったのかも知れない俺。 

サンキューありがと。
え~、さっき言った長いツアーを支えてくれたメンバーを、え~、紹介したいなと思います。
まずはアメリカから来てくれてますCharlie Paxson
オンギター、DAITA
オンベース、西山史晃
オンギター、本田毅
オンキーボード、大島俊一

あらら。 さらっと紹介が終わってしまった。 みんなの声掛けに氷室は自分の紹介はしてくれなかったのがちょっと残念だったな。 

もう1曲、有名なロックンロールを贈りたいなと思います。

『 ONLY YOU 』がキタ。 今日はパーソンズの曲はやらないんだ。 俺の隣の人達が言っていたが、本田が「恥ずかしいから止めましょう」とかいう流れかも…って言ってた。 ま、分からないではない話かな。 いやいや、みんなで「♪ONLY ONLY ONLY…」と続く所なんてすごかったね。 どこまで声出すんだ!?って感じで声張り上げてたから。 気が付くと本田はステージの前に出てきていて、布袋のようにグルグルと腕を大きく何回も回しながらギターを弾いていた。 なんかそのパフォーマンスが嬉しかったりする。 そして1回目のアンコールが終わった。

続くWアンコールで登場した後、すぐMC。

サンキューありがと。
今回 ツアーで全国回ってる時に、どこの会場もいっぱい、こうしてみなさん集まってくれてホントに、 あの、俺は幸せだなと思います。
さっきあの、バンド時代にDreamin’という曲をやってる時に、え~、自分は夢も見れなくて、そいつらと俺は気持ちが一緒だってことを言ったけど、あの~、ソロになってからこう、もう20年なるんだよな、早いもんで。
20年って、前はあの~、20周年のその、ま、BOOWYを解散してから20周年っていうなんかいろいろフェスティバル的な、あの~、あるらしいんだけど、俺の方は20周年って事で何か1発やりたいなとは思ってる。
 
そしてあの、20年間やってきてホントに、さっき言ったように俺は結構、あの~、煮詰まったりする事も多くて、自信がない事も多くて、いろいろ、ウネウネウネウネしながら生きてるけど、こうして20年間やってきたことをこうやって、いつもいつもお前らが集まってくれるのを見ると、 ホントに、あの~、う…うん…

なんか氷室、言葉を失っちゃった。 感極まった感じにも思えた。 

とりあえずあの~、(聞き取れず) しながらでも、とりあえず、自分でこう、間違っても何でも、
 
どう思われようが勝手にやってりゃ何とかなると。
 
最近あの、(聞き取れず) からの、相変わらずその、(聞き取れず) いろんなメッセージをもらったりするけど、そいつらも結構あの、自分はとりあえず信念? やってりゃ何とかなると。
笑われようが何しようが、最終的に幸せかどうかって決めるのは自分なんだよ。
 
俺は今、すっげぇ幸せ!!
 
とりあえずあの、ホントに、あの~、コンサートが出来て、こうして熱い連中が集まってきてくれて感謝します。

『 LOVE&GAME 』   この曲が終わった後、氷室はペットボトルを持って定位置に戻ったんだけど、投げるかと思ったら後ろに転がすように投げていた。 ステージにその中身がかなり零れていったのがよく見えた。

もういっちょ行くぜーーーっ!!!
もういっちょ行くぜーーっ!!

と続け様に 『 SUMMER GAME 』 だ。 客電がみんな明るくなり、氷室からも会場の様子がよく分かるだろう。 これもみんな歌いっぱなしだな。間奏の前は

愛してるぜ、さいたま!!!

とみんなを喜ばせる。 そして間をあけずに、

この曲やらねぇと終われねぇぜ!!
ANGEL!!!

『 ANGEL 』 今年のツアーを締めくくる曲にふさわしい。 今日も2003バージョンだった。 「 ♪ 臆病者にはなりたくはない 」ってヤツだな。  バンドのメンバーもいつになくしっかりとアドリブを入れているような感じがしてならなかった。 ただ残念な事に、この曲だけハウリングが起きてしまった。 氷室は最後の歌詞の部分の 「 ♪ 今すべてをかえるのさ 」 の 「 かえるのさ~ぁ 」 の語尾をとても甘く歌っていた。

サンキュー!!
サンキュー!!
サンキュー …

3つ目のサンキューのあと、何て言ったのか分からなかった。 そして氷室はステージから姿を消していった。 いつもと変わらない感じで。 今日だけは何かが起きてくれーーー!!!と思っているのは俺だけじゃないだろう。 でも、ちゃんと氷室は用意をしてくれていた。 みんなの氷室コールや拍手が鳴り響いている中、楽屋に向かう氷室の生中継の姿がモニターに映し出された。 そしてBGMはANGELが流れていたのも今日だけの事。

おぉーっ!!!!

と会場が沸き上がると同時に、モニター画面にフェードインしてくる映像があった。

Thank you for supporting
In this tour
See you next year!!
 
Himuro.K
2007.7.7-8

って多分氷室の直筆で書いてある。 あぁ、ホントにこれで今年のツアーが終わったんだなって思った。 いくら氷室コールをしても絶対氷室は出てこないだろう。 氷室はそういうところはしっかりしている。 なんか気持ちよく最終日を終えられた気分になった。 俺はこれを見て、場内アナウンスも流れ出したから潔く帰り支度を始めた。 このブログを編集している時に気付いたんだけど、モニターに映っていたものと同じモノがHIMURO.COMにあった。 TOPページを開いた後、何もせず、移り変わる映像を見ていると、最後に出てくる。 しっかり確認しておこう!!

Thank you HIMURO!!



<<セットリスト>>

・IN THE NUDE ~Even not in the mood~
・SWEET REVOLUTION
・WEEKEND SHUFFLE
・BITCH AS WITCH
・MC
・WILD ROMANCE
・HARVEST
・永遠 ~Eternity~
・EASY LOVE
・LOVERS DAY
・CALLING
・MEMORIES OF BLUE
・MC
・STRANGER
・IGNITION
・MISS MURDER
・CLAUDIA
・SAY SOMETHING
・NATIVE STRANGER
・WILD AT NIGHT

---アンコール①---

・MOON
・MC
・B・E・L・I・E・V・E
・ONLY YOU

---アンコール②---

・MC
・LOVE&GAME
・SUMMER GAME
・ANGEL


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

みれんご

今日のライブ楽しめましたね!来年のライブの話もちょっとされていましたよね?また参加しましょうね。
by みれんご (2007-07-08 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。