So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6/10 松たか子 大宮ソニックシティ [ライブ]

6月10日(日)
松たか子 大宮ソニックシティ 

どうもいかん。 ここ数日、起きると午後1時ちょうどだ。 まるでミュージシャンの生活スタイルになっている俺。 もう言わないでも判る人もいると思うが、時差ボケを取り払えていない訳だ。 日本時間の午後1時は、スイス時間の午前6時。 そう、いつもスイスで起床していた時間だ。 情けねぇ~。 明日から直して行こうっと。

で、今日はライブの日。 例によって雨かい!? と思っていたら徐々に止んできた。 家を出発する頃には道路も乾いているぐらいに。 晴れ間は見えないのでラクティスで行く事にした。 それよりも、根本的に勘違いをしていた事が!!

会場の入場開始が午後6時だと勝手に思っていて、まだまだ時間に余裕があるなって思っていたら、入場開始が午後5時だった。 ちなみに開演は午後5時半。 おいおい、早くね? 時間を見たら午後2時…。 支度は何も出来ていない…。

ヤベ~!!

余裕かましてる場合ではなかったさ。 日曜日なので道路事情が判らないので、せめて3時前には出発したい。 もう1時間も時間がねぇよ!

と、まぁ、なんとかなるもので(笑)、いざ出発。

所々渋滞があったものの、大きな渋滞は大宮駅前周辺だけだった。 氷室ライブの時に見つけた安い駐車場(100円/40分)に車を停めた。 4時半だ。 まだ30分ほど時間があるので、暇つぶしに途中にあるビックカメラに寄った。 スイス旅行で、デジタル一眼レフの導入や、コンパクトデジカメの買い換えが迫って来ているなと思わされたから下見に。 デジタル一眼レフはNIKONかな。 D80あたり。 詳しく見てないが、廉価版D40でもいいのかも? コンパクトデジカメはCASIOかな? ん? 何これ? この小さいデジカメで1050万画素? もう時代はそんなトコまで来てるのか? 今、俺の持っている使いにくいアレは300万画素だぞ。 やれやれ…。 スイスに行っている間に時代は変わっているようだ(笑)。 そんな訳ねぇだろ!!って(笑)。 しっかりパンフレットをもらってきた。

会場に近づくと、あ、いたいた! ダフ屋のおっちゃん。 まだいるんだね。 でも人数少ないね。 チケット売り場の方に入ってみたけど、もう入場開始時間が近いっていうのにあまり人がいない。 あっ、並ぶのが外の歩道に回されてるのな。 今まで何度も大宮ソニックシティに来ていたけど、こういう並び方をしているのは随分久しぶりだなって感じだった。 しばらくそのままチケット売り場の前で待っていたら、並んで入場する列が少なくなってきた為か、こちら側からも入場できるようになった。 さて、入るとするか。 チケットの半券を切られ、チラシを渡されただけで、カメラチェックなどは無かった。 あれ? 珍しい~。

今日の席は1階21列50番。 ステージを見て右よりの位置だ。 こないだのパルテノン多摩より4列前に進んだ。 確かにちょっとステージに近くなったかな?

開演時間の5時半には、客席はほぼ満席。 チラホラ遅れて入ってくる人が少なくなった頃、ブザーが鳴り、間もなく開演を告げた。 BGMが途切れ、オープニングの音楽が鳴り始めた。 いよいよ始まった!

バンドのメンバーが初めに入ってきて、歌う直前に松さんが入ってくる。 Gパンに白いスリーブをまとって出てきた。 今日はどんなステージになるんだろうと、ある事に期待しつつ1曲目を聴いた。 相変わらずオールスタンディングの様子はない。 そうだろうな。 メドレー辺りで立つ事になると勝手に予想していた。 あれ? でも俺の位置から見て5列目あたりのずっと右側の1人が立ってるぞ! 頑張ってるな、兄ちゃん。 俺の視界には彼1人だけだったよ、立ってるのは。 後ろは振り返ってないから判らない。

1曲終わった所で最初のマイクタイム。

みなさんこんばんは! ツアー2007 I Cherish you にようこそおいで下さいました。 今日は雨がスゴイ降って、足下悪い中、たくさん集まってくれてホントにありがとうございます! 私にとっては4年振りのツアーになります。 これから短い時間ですけど、みなさん最後まで楽しんでってください。

そして続けて話そうとするとキーボードの演奏がマイクを遮った。 そうあのメロディ。 観客側から見てステージの左ソデよりコーラスとバイオリンの人が白いテーブルを押しながら出てきた。 そう、そのテーブルの上にはロウソクの灯ったバースデーケーキが!! 今日6月10日は松たか子の30歳の誕生日なのだ。 会場の観客も9割方が立って、手拍子をしてお祝いをした。

照明も少し暗くなり、松さんはロウソクを吹き消した。

ありがとうございます!!

遠目だが、喜びを隠せない松さんだな。 

早いでしょ、このタイミングでいくらなんでも早いでしょ? とうとう、祝、三十路(笑)。  ビックリした、早い。 ありがとうございます。 みなさん、ホントに今日は何をしに来たんですか?(笑) ハイ、コンサートを見に来た。 私はコンサートをやりに来た。 すみません、ここでは歌いますが、三十路に入りました(笑)。 どうやって本編に戻ったらいいのか、どうしましょ? 最初からやりますか? あの、じゃ、先行きますよ?

と、ちょっとリズムを狂わされて焦っている感じがしていた。 そのままマイクは続き、去年のTVドラマ、役者魂に出演して主題歌も歌うってことで、その曲の提供者、竹内まりやさんにお財布のプレゼントもいただいたことを報告していました。 なんかこの会場にいるような感じのマイクだったな。 そして歌は続き、2回目のマイク。

前回のツアーから4年あいてしまって、この4年の間に、2枚のアルバムを作りました。 みなさん、聴いていただけたでしょうか? まだ聴いてない方も安心してください。 会場に置いてあります(笑)。 その2枚のアルバムでたくさんの出会いをする事ができました。 大先輩のミュージシャンから、同世代、年下のミュージシャンまで幅広く、いろんな才能に出会う事が出来ました。 その中で、Goingundergroundの松本素生さんが書いてくれた曲をやりたいと思います。 

その春風スクランブルから3曲歌った所で再びマイク。

みなさん、楽しんでますか? 私、1回目にやったツアーがa piece of life というツアーだったんです。 同じタイトル曲があって、そのレコーディングは、歌と演奏をせーので録音して、そういう緊張感がありました。 その緊張感が頭や体の中に残ってます。 その a piece of life のアレンジをして下さったのがバイオリンの金子飛鳥さんです。 今回、この全国ツアーを一緒に回れるっていう事で。 よりによって2人きり。 ちょっとラブラブな感じでね(笑)、プレッシャーをね。 毎回違うメロディで楽しく、仲良くやりましょうね?

a piece of life を終わってすぐマイク。

さて、次は、ここにあるこれ、何だか知ってます? カクテルドラムっていうんですって。 あっ、ドラムのカワムラカズキさんです。 この、カクテルドラムっていうブツを使って……、モノを使って、あっ、楽器を使って!(笑) お送りしたいと思います。

あらら、ブツって言っちゃってたよ。 バンドのメンバーはちょっと笑ってたね。 勢いのある所がでちゃったねぇ。 そして『水溜まりの向こう』から『未来になる』 までを歌い、メドレーの前でメンバー紹介に入った。

今朝起きたらものすごい雨で、ある時間は真っ白で、こんなにも私は20代に洗い流さなきゃいけないものがあったんだろうかと思うほど大雨でビックリしました。 でも今は晴れたそうで、少しは、流れたかな…。 今年、CDデビューして10年目を迎える事が出来ました。 音楽だけを作り続けている方に比べて、私にとっての10年は比べられるモノではないのではないかと思ってました。 でも、支えてくれるスタッフがいて、そしてこうやって会場に来てくれるみなさんがいることで、そのパワーに背中を押されて10年目を迎える事ができたんだなって思います。 この場をお借りして感謝したいと思います。 ありがとうございます!

と、この10年という期間を振り返りながらメドレーで続けて歌い始めた。 いよいよ予想通り客席のみんさんが立ち始めた。 俺も座り疲れていたので、立つ事にした。 やっぱ立たなきゃね! で、怒濤のメドレーでラスト9曲を歌い切っていた。

そしてアンコールは、照明があまり明るくならず、その中で手拍子によるものだった。 ほどなく松さんが出てきて自分のキーボードについた。 そしてサックスプレーヤーの山本拓夫さんをゲストで招いた。 へぇ~、やっぱ今日は特別じゃん。

私のツアーでは、「ヤマタク」の掛け声でお馴染みですが、私にとっては、妖怪先輩。 妖怪大好き。 今日はお迎えしてやりたいと思います。

だって。 結構この山本さん、大柄なんだね。 すごい肺活量でサックスを鳴り響きかせていたね。 やっぱり生サックスって存在感あるよな。 続く『now and then』や『明かりの灯る方へ』はバイオリンも加わって互いにいい音を鳴らしていたね。 そして曲が終わると再びメンバー紹介でメンバーを1人1人送り出して行った。 残ったのはバンマスの人と松さん。 最後にこの2人で1曲っていう訳だ。 

みなさん、ありがとうございました。 2年振りのツアー、そして今日は私の誕生日という、こんなに大勢の人に祝っていただいて。 でも私は幸せだと思いました。 私に誕生日があるように、みなさんにも誕生日があるのでそれを祝ってくれる人がいて、私の今日の幸せはみなさんの誕生日の日に、また多くの幸せになって届いてくれるといいなと思います。 また曲をたくさん作って、この大宮に戻って来れる日を楽しみにしています。 またその時に、お互い元気で会いましょう。 ホントにありがとうございました。

最後の曲、『おやすみ』をしっかりと歌い上げた。

どうもありがとうございました。 みなさん、気を付けてお帰り下さい。 おやすみなさい。

会場からは大きな拍手が鳴り続いた。 小走りにステージ左へと消えていった松さん。 約2時間のステージが終わった。 午後7時半を回った所だ。 早いものだね~。 でも今日は開演も早かったからこんな時間だ。

さて、これで7月まではライブはお預けの予定。 次は氷室の2DAYSだ。 これはこれで気合いが入るライブだし、7月でかなり暑く、熱くなりそうだ。 そんなことを思いながら帰りの車を走らせた。 日曜日だからやっぱり16号は混んでるな。 でも渋滞は無いからいいけど、流れが良くない。 ま、今日はいいか。 気を付けて帰りましょう! ステージで松さんも言ってたし…。

《 セットリスト 》

1. きみの笑顔 きみの涙
2. みんなひとり
3. 時の舟
4. イナーシア
5. 春風スクランブル
6. 惑星
7. <判らなかった 誰か教えて?>
8. a piece of life
9. 水溜まりの向こう
10.ソレアレス・メモリー
11.未来になる

-- メドレー --
12.I STAND ALONE
13.サクラ・フワリ
14.Stay with me
15.夢のしずく
16.桜の雨、いつか
17.コイシイヒト
18.Clover
19.<判らなかった 誰か教えて?>
-- メドレー --
20.明日、春が来たら

□ ■ アンコール ■ □
21.Cherish you
22.now and then
23.明かりの灯る方へ
24.おやすみ


nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

Sam 乃介

はじめまして。

コンサートには行けませんでしたが、
会場にいるかのような臨場感で、読ませて頂きました。
とてもいいステージだったようで、ちょっと羨ましくも思えました。
by Sam 乃介 (2007-06-12 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。