So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

5/24 氷室京介 名古屋市民会館 1日目 [ライブ]

5月24日(木)

今日はいい天気だ。 俺のブログを見ていると、ライブの日に雨が多いのだが、今日は快晴。 さらに暑い。 もうホントに夏日だ。 昨日の夜から夜通し、東京から車を走らせて来たわけで、名古屋に着いたのが午前2時だったと思う。 ちょっと今日は寝不足だ。 ま、以前からの寝だめが効くので多少のことは平気だ。 昼間のことは、今度、名古屋観光のブログを立ち上げるので、そちらを参照して欲しい。

名古屋で泊まるホテルが、ライブ会場のすぐソバだから、早めにチェックインしてライブの支度をした。 昼間にだいぶ汗ばんだので、簡単にシャワーを浴びて、ライブの戦闘モードになった。 会場まで行くと、ここにも街頭ライブをしている人がいた。 この人ってどこでも居るよな。 ライブは観ているんだろうか? いつも疑問に思う。 開場は少し早めにされた。 このホールも2000人規模だからスムースに入場できる。 今日の座席は1階28列23番。 ここも後ろから数えた方が早い位置だが、十分にステージが見える。 今までよりも、やや中央よりなので、氷室を正面気味で観ることが出来るのが嬉しい。

いつものように、開場したての時は着座している人が少ないが、開演に近づくにつれて満席になっていく。 客席のコントロール盤が5列ほど前にあるので、だいたい始まるタイミングが掴める。 予定より3分ほど遅れて開演となった! 毎度だけど、始まってもないのに総立ちなんだよな。 いい雰囲気だ。 今日ものっけから全開で氷室を応援するぞ!

ステージに出てきた氷室。 今日の調子はどうだい? こっちは万全だぜ! 氷室のステップや歌い振りを見る限り、どうやら問題なさそうだ。 そして最初のMC。

HEY! 名古屋ベイベー! 帰ってきたぜーー! このツアーも、もう後半戦に突入嬉しい気持ちで一杯です。 今夜も思いっきり騒ごうぜ! 騒ごうぜーー!!

MCの後の曲、WILD ROMANCE では、ペットボトルを1本投げた。 結構中の液体が宙に舞っていたのが見えた(笑)。 かなりかぶった人、いるんだろうな。 そしてバラードの4曲が続く。 その最後、LOVERS DAY では、「♪ OH My LOVERS DAY」という所はすべて会場にマイクを向けていた。 必死に叫んださ、俺は。 

楽しんでくれてるか? 上の連中も楽しんでくれてるか? 今回のツアーもファーストアルバムの頃からの中から、俺が気に入ってる曲を、ビート系の曲からバラードまで、コントラストが幅広いっていうかね、パンクっぽい、怒りを込めた曲から愛を込めた歌まであるので、いろんな選曲をしてみているんだけど、次の曲は、俺が、ソロになって1枚目のアルバムですごく思入れを込めて作った曲を送ります。 バンド時代のDreamin'という曲をやるときにいつも、「夢を見ている奴らにおくります」という形で、その曲をやってだんだけど、その当時、みんなからのファンレターには、「氷室さんは夢を見て実現してとても素晴らしいと思います。 でも自分たちは夢を見ることが出来ないし、うまく世の中に融合することも出来ないし、うまく笑うことも出来ない。 何やっていいのかわかんない」っつうね、メールをもらって。 最近フォトキャストっていうアップルのサイトやってんだけど、その中でも精神的にハマっている連中って結構多いんだよな。 俺は比較的、態度デカイから、すごく自信満々にいろんなことやってるように見えるけど、俺の根本に流れているモノっていうのは、夢を見れなくて不安で、他人と上手く融合できなくて、うまく笑えなくて、そういう連中と一緒なんだよね。 その気持ちをファーストアルバムで、BOOWYの時は元気をみんなが感じてくれればやってきたけど、ソロになって1発目に、そうでない奴らの為に作ったSTRANGERって曲を聴いて欲しいなと思います

長かったね、このMC。 大体こんな感じで話していたと思う。 しかも、もう氷室のライブは何度も参加しているが、初めてじゃないかな? BOOWYって言葉にしたの。 今日の氷室って超ゴキゲンのようだ。
後半戦の曲が続く中、CLAUDIA でペットボトル1本投げて、タオルも羽織っているから、おっ! 投げるぞ! という素振りにも見えたが、残念、投げなかったよ。 でも本編ラストのWILD AT NIGHT に向けてエンジン全開だった。 振り上げる腕が、かなりキツクなっていて痛かった。 声も張り上げすぎて、途中、声帯が可笑しくなるんじゃないかというぐらいにもなった。 いやぁ、熱い、熱いライブだ。 体も熱い。 ライブ前にシャワーを浴びた俺だが、もう汗ばんでいる。 まぁ、あれだけ曲にノッていて動いていれば汗かかない方がおかしい。 今日は朝から歩き回っているから、足も結構痛くなってきていた。  アンコールはいつものように休息ということで、椅子に腰掛けた。 

HEY! 今回のツアーは47本の予定で、途中鹿児島でメチャクチャ高熱が出たので飛ばして46本なんだけど、実は今もカゼひいてて、でもあと名古屋と長野で終わりと。 途中、つらくてつらくて大変だったんだけど、最後に、名古屋来れたので良かったと思います。 早いもので俺は20年間ソロとしてやってるんだけど、最近やっと1つだけ、判ったことがあって、馬鹿に見えようが何に見えようが、死にものぐるいでやってればね、こうやって判ってくれる連中が集まってくれると。 今回も、ここと明日と、その次と2本と、アンコール残すだけと、思いっきり心を込めて曲を送りたいと思います。 その前に、メンバーの紹介、死人が出ても可笑しくないようなツアーを支えてくれたメンバーを紹介します。

このMCも長かった。 ドラムのチャーリーに話さそうとしていたらしく、でも変な言葉しか覚えてないらしくダメだったそうだ。 他、DAITA、西山、本田、大島さんらのコメントもちゃんと一言付け加えて話していた。 1つ1つが丁寧なMCだった。 MOON に続いて、DISTANCE をかまして、

サンキュ!

と一言キメてステージを去っていった。 カッコイイねー! 終了を告げるアナウンスが流れ始めると、会場の観客は「え~!?」という声が上がった。 それでも大多数がスタンディングで手拍子や氷室ー!と叫びながらWアンコールを待つ。 意外な事に、会場を去ろうとする人が結構見て取れた。 ま、普通に考えれば終演のアナウンスも流れているから、これで終わりだって思うよな。 今やネット時代で、俺のようにブログのような形でライブレポートを公開している奴も多い。 だからWアンコールが存在することは知れ渡っている。

パッと照明に息が吹き返るーー!

わき起こる歓声。

戻ってくるお客さん(笑)。

今日もやってくれた。 いいぞ、氷室ーーー!

サンキュ、ベイベー!

と言っていきなり LOVE&GAME を始めた。 おーー!! 曲の「♪ LOVE&GAME」という所はほとんど会場にマイクを向けて歌わせていた。 ノリノリの会場と共に次曲に行こうとする氷室。

もういっちょいくぜぇーーー! もういっちょいくぜぇーー!

締めの曲はお馴染み、SUMMER GAME だ。 この時って、どこの会場も客席も含めて照明はフルに明るくしてあるよね。 なんかすごくいい。 会場のノリも氷室に直に伝わるだろうし、後ろから観ていても気持ちいい。 

サンキュー名古屋!!

今日もいいステージを観させてもらったよ、氷室。 明日も期待していいんだろう? また明日!!


<< セットリスト >>

・IN THE NUDE 〜Even not in the mood〜
・SWEET REVOLUTION
・WEEKEND SHUFFLE
・BITCH AS WITCH
・MC
・WILD ROMANCE
・HARVEST
・永遠 〜Eternity〜
・EASY LOVE
・LOVERS DAY
・CALLING
・MEMORIES OF BLUE
・MC
・STRANGER
・IGNITION
・MISS MURDER
・CLAUDIA
・SAY SOMETHING
・NATIVE STRANGER
・WILD AT NIGHT

--アンコール ①--
・MC
・MOON
・DISTANCE

--アンコール ②--
・LOVE&GAME
・SUMMER GAME


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

menfia

今年の名古屋ガイシ、9月5日の先行予約をしました。
今、現地で会える同士を探しています。
もしよかったら、こうやって仲間を増やしていきませんか?
menfia
by menfia (2008-04-19 21:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。