So-net無料ブログ作成
検索選択

12/5 氷室京介 神奈川県民会館 [ライブ]

12月5日(日)

記事作成予定

Wait Upload !!
nice!(1)  コメント(0) 

9/9 氷室京介 日本武道館 [ライブ]

9月9日(木)

待ちに待った氷室ライブ。

KYOSUKEHIMUROTOUR2010-11BORDERLESS”50×50ROCK’N’ROLLSUICIDE”

ちょうど2年前に来た武道館にまた氷室が来た。

9/8に満を持して発売されたNEWアルバムをしっかり

聴く事も出来ず、いきなりライブだ~感があるが、

まぁ、それもよし。

今日も2年前と同じくM氏とライブ参加。

午後2時半には武道館の駐車場にいたから、ちょっと焦りすぎ(汗)。

午後3時からGOODS販売が始まるが、今回は、買うこともなかった。

それから2年前と同様、PRONTOで遅い昼を済ませた。

今日は午前中から歯医者に行ったから、お昼を食べていないのだ。

M氏は、盛んに早く始まらないかな~と言っていた。

比較的今日は、日陰が涼しいので、日陰においた車の中に居ても

エンジンを掛けることもなく窓を全開するだけで平気だった。

秋だねぇ~。

武道館.jpg

開場は16時50分ぐらいから始まった。

珍しいこともあるもんだ。

会場内の座席、南西F列に向かうと、

やはり2年前に2階で観たのとはステージの距離が違った。

いい眺めだ。

しかし、開演時間の18時になっても会場のアナウンスが流れなかった。

15分も過ぎたところでやっとアナウンスが流れた。

まぁ、ツアー初日だからね~。


そして、いよいよライブが始まった!

360度丸見えステージなので、照明が消えた中での登場。

バンドのメンバー配置も2年前と一緒。

キーボードの人が大島さんから今井隼さんにバトンタッチしている。

氷室の第一声。

「HELLO 武道館!」

もうお馴染みだね。

オープニングはNEWアルバムから3曲。

そしてMC。

盛んに「2日目」と言っていたが、

これは9月4日(土)にファンクラブ限定の

プレミアライブがあったから、それをカウントしてのことだった。

なるほど。

今回のツアーは、NEWアルバムでのツアーだから、

2年前のようにヒット曲のオンパレードのようには行かない。

それは分かっているんだけど、あの凄さを味わっている身としては

やっぱり期待しちゃうよな。

でも、滅多に披露されない昔のナンバーがあったりして、

それはそれで十分楽しめた。

で、個人的にはSay somethingがあったから超嬉しかった。

あれはサイコーだね。

DAITAが頭の振りもやってくれたしね。

360度ということだったけど、今回は、氷室は1回も背面席の方へは歩くこともなかった。

そればかりでなく、左右にもほとんどいかなかった。

なんだろうね、あまり感触が良くなかったのかな?

今後の積み重ねで、変えてくるんだろうな、きっと。

そしてアッという間に2時間が過ぎ、Wアンコールもなく終了。

終わりのアナウンスが流れた途端、一気に帰り出す観客が見えたので、

俺たちも帰ることにした。

でも、久しぶりの氷室は、やっぱり氷室だったよ。


01.Rock'n'Roll Suicide
02.Doppelganger
03.BANG THE BEAT
04.Weekend Shuffle
05.PARACHUTE
06.SILENT BLUE
07.ONE
08.STORMY NIGHT
09.DON'T SAY GOOD BYE
10.MISSING PIECE
11.STRANGER
12.Traumatic Erotics
13.My Name is "TABOO"
14.LOST WEEKEND
15.NO MORE FICTION
16.TASTE OF MONEY
17.WILD AT NIGHT
18.The Distance After Midnight
19.忘れてゆくには美しすぎる…

EN
20.Sarracenia
21.Say something
22.WILD ROMANCE
nice!(1)  コメント(0) 

8/10 氷室京介 NEWアルバム「"B"ORDERLESS」 詳細発表! [ライブ]

8月10日(火)

「"B"ORDERLESS」の詳細が発表された。

【収録曲】
01. My Name is “TABOO"
02. PARACHUTE
03. Rock'n'Roll Suicide
04. Doppelganger
05. The Distance After Midnight
06. 忘れてゆくには美し過ぎる…
07. Sarracenia
08. Time for Miracles
09. Never Cry Wolf
10. Traumatic Erotics
11. BANG THE BEAT
~Bonus Tracks~
12. Across The Time
13. Safe And Sound
Bonus Tracksは、初回限定盤のみの収録。

しかーし、発売日が延期になり、9月8日になってしまった。

9月9日に武道館へ行くには、超時間が足りない!

CDを予約しておけば9月7日に手に入るかも知れないが。

ま、がんばろう!




nice!(1)  コメント(0) 

6/18 氷室京介 LIVE ”BORDERLESS” 始動! [ライブ]

6月18日(金)

うお~!

ついにLIVEの日程が出た!

3月に氷室のHPで「COMING SOON」と出ていてから

早3ヶ月。。。

やっとって感じか。

 9/ 9(木) 日本武道館(360度ステージ)
 9/10(金) 日本武道館(360度ステージ)
 9/12(日) ホクト文化ホール
 9/18(土) 松山市民会館
 9/20(月) アルファあなぶきホール
 9/23(木) 鳴門市文化会館
 9/26(日) 島根県民会館
 9/30(木) さいたま文化センター
10/ 2(土) グリーンドーム前橋
10/ 8(金) ひこね市文化プラザ
10/ 9(土) 福井フェニックスプラザ
10/11(月) 新潟県民会館
10/17(日) 倉敷市民会館
10/19(火) 神戸国際会館こくさいホール
10/20(水) 神戸国際会館こくさいホール
10/23(土) ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)
10/24(日) ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)
11/25(木) 神奈川県立県民ホール
11/27(土) 富山オーバードホール
12/ 2(木) 府中の森芸術劇場 どりーむホール
12/ 4(土) 静岡市民文化会館
12/ 5(日) 神奈川県立県民ホール
12/ 9(木) 市川市文化会館 大ホール
12/10(金) 市川市文化会館 大ホール
12/13(月) 大阪国際会議場メインホール
12/14(火) 大阪国際会議場メインホール
12/18(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12/19(日) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12/23(木) 北陸電力会館本多の森ホール
12/25(土) 広島ALSOKホール
12/26(日) 広島ALSOKホール
12/30(木) 日本武道館(360度ステージ)
 1/ 5(水) 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
 1/ 7(金) 崇城大学市民ホール(熊本市民会館)
 1/ 9(日) 福岡サンパレス
 1/10(月) 福岡サンパレス
 1/15(土) 仙台サンプラザホール
 1/16(日) 仙台サンプラザホール
 1/20(木) 大阪国際会議場メインホール
 1/26(水) 大宮ソニックシティ大ホール
 1/27(木) 大宮ソニックシティ大ホール
 1/29(土) 郡山市民文化センター
 1/30(日) 盛岡市民文化ホール
 2/ 4(金) 名古屋国際会議場センチュリーホール
 2/11(金) 横浜アリーナ

全45公演の全国ツアーだ。

う~ん!

俺の挙式の日もLIVEがあるが、ま、群馬だから問題なし。

いや、挙式や国家試験がなかったら全然LIVEに行っている距離だが(笑)。

ま、行けるところは限られるが、割と行けそうな日があるから嬉しい。

”BORDERLESS”ってことはさ、堺がないってこと!

またしても、どんな選曲になるのか興味津々だね!




nice!(0)  コメント(0) 

3/6 B’z Ain’t No Magic 東京ドーム [ライブ]

3月6日(土)

さぁ、参戦2戦目です。

0306-1.jpg

今日はB’zのライブが初めてという相方を連れての参戦。

B’zはコアなファンではないが、シングル曲はほとんど知っているし、

アルバム「MAGIC」は何回も車の中で聞いていたから、

3/3のライブの完成度からして、十分に楽しんでくれるだろうと思っていた。

まずは、会場のチケット発券システムは問題なさそうだ。

開場過ぎの16:30に入場できた。

0306-2.jpg

で、気になる座席は、1階スタンドの36列70番台だ。

ステージを見て、ほぼ真正面のスタンドだ。

ってことは、移動ステージが近くで見られる!

ってことは、網に遮られてる…。

微妙に網が掛からないぐらいに斜めな位置だけど、

ステージに立つメンバー5人は、全て網越しだ。

右側にある楕円のモニターは網に掛からないでキレイに見られる。

ま、こんなもんでしょう。

前回3/3もそうだったけど、あの楕円のモニターの効果はバツグンだね。

距離を感じさせないし、他のモニターもあるから2人の動きがよく分かる。

東京ドームのように大きい会場は必需品だね。

3/3のトラブルがないので、今日は、ライブが始まる前に2回(知っている範囲で)、

ライブのエンディングで流れる曲「ひとりじゃないから」のリハーサル映像が流れていた。

さらに、座席で待ちわびているお客さんを任意スポットで捉え、「エアギターやって?」とか、

「変顔して?」とか、アフロや殿様カツラを映像処理で映したりしていた。

3/3は、こんなのをやる余裕がなかったんだよな、きっと。。。

曲のセットリストは、3/3の時と同じ。(だったハズ)

前回とは違った角度からの参戦は、十分に楽しめた。

特にステージが移動した後のトコでは、

今までドームでB’zを見た中では1番近かったから十分に満足出来た。

メンバー紹介で、BASSのバリーの時に、彼は東京タワーからお台場まで歩いたそうだ。

歩くのが好きという稲葉のフォローがあったけど、「もっと歩いて下さい」とサラッと付け加えた。

体格に似合わず、運動好きなんだね。

そうそう、キーボードの増田さんとドラムのシェーンとバリーの3人だけで演奏したとき、

バリーのアップ時に、彼の髪の毛から汗が何滴も落ちるのが映っていた。

汗っかきでもあるんだな。

ドラムのシェーンの紹介は、3/3は納豆だったけど、今日は天気だった。

雨が降っていると思ってMCしていたけど、稲葉さんに、「今は降ってないよ」と突っ込まれていた。

松本さんのMCでは「稲葉君は雨男だよね」「俺は曇り男だから」の言葉に、

稲葉さんは「曇り男って初めて聞きました」と返していた。

キーボードの増田さんの時は、「東京って物価が高いね」とか、

「東京って何でも買えるね」とか、「東京って…」を連発して終わった。

う~ん、ちょっと微妙なMCだったけど、終始ニコヤカな人柄を現していた。

今日の「誰にもいえねぇ井戸」では、

稲葉さんが松本さんに、「のぞいたこと無いでしょ?」と、

井戸を見るように松本さんを誘って、2人でのぞいた。

2人で指をさして仮想水面の波紋を楽しんでいた。

「すげぇ~!」って。

そして松本さんが帰ったあと、稲葉さんは井戸をのぞきながら、

今日の誰にも言えねぇ話を始めようとするけど、

その内容を見て吹き出し、「これホントに言っちゃっていいの?」

って松本さんに確認していた。

写真が2枚出てきた。

松本さんは今日、勝負下着を着けているそうだ。

その写真は、松本さんの半ケツ写真だった。

ほとんどスケスケのパンツで、映像を見る限り、全く分からなかった。

稲葉さんの解説では、このパンツはグッチのパンツで、

Gの模様がいくつもあるそうだ。

でも、その「G」よりも、おしりの割れ目がハッキリと映っていた。

そして井戸の最後に、「今日もバリーは、ノーパンです」と加えた。

稲葉さんたちは「パンツを履け」と言っているようですが、バリーは…。

とまぁ、楽しい2時間半ほどのステージを過ごしました。

相方も十分に声を出したり腕を上げたりしていたので楽しんでくれて良かった。

これで今年のB’zのライブが終わりかなぁと思うと、ちょっと淋しいですが、

まぁ、仕方ないです。

十分に楽しんだから。

ライブに参戦した方、お疲れ様でした。

B’zの2人と、メンバー3人、明日の最終日も頑張って下さい!



nice!(0)  コメント(0) 

3/3 B’z Ain’t No Magic 東京ドーム [ライブ]

3月3日(水)

今年初めてのLIVE!

しかも2年振りのB’z!

去年発売されたアルバム『MAGIC』は、結構お気に入りだから、

なおさら楽しみである!

0303-1.jpg

今日は前の会社の後輩のチケットで参戦です。

そしてチケットは、入場する時にならないと座席が分からないという仕組み。

まぁ、オークションで最前列が何十万円で取引されているのも聞けば、

正規に手に入れても1番後ろってことも聞くしねぇ。

今回は場所により価格も違うし、ステージ付近は本人確認もある。

チケットを取っても行けなくなった人は、キャンセルにしなきゃいけない仕組みで、

友達にあげることもできない。家族内ならOKだ。

本当にオークション対策だね。

で、この日、この新システムが災いをもたらすことは、誰も知らなかった。

ドームの開場は16:45 で、 開演19:00 だ。

それまでは軽く食事をして時間を調整していたら、とんでもない状況に出くわした。

ドームが開場されていない!

時間は17:30ごろだったか。

0303-2.jpg

それからしばらくして状況が分かったんだけど、なんと座席発券システムがトラブル!!

ホラな!!

だから誰も入ることが出来ないんだ。

仕方なく、ウロウロしていたけど、徐々にお客さんが増えていくので、

段々身動きが取れない状況になっていった。

雨が降ってなくて良かったよ。

0303-3.jpg

で、やっとこ入場開始になり、座席チケットの発券スピードが当然遅いから

少しずつしか進まない。

列があるようで無いから流れに身を任せての入場だ。

結構後ろから押されてくるから、将棋倒しになったらシャレきかねぇ!って感じだった。

19:00を回って座席に到着。

本当なら開演している時間だ。

19:30開演というアナウンスもあったようだけど、俺は知らなかった。

結局始まったのは19:50ぐらいだった。

場内アナウンスもなく、いきなり始まったのには驚いた。

今回のステージセットは、意外にもお金を掛けていた。

スクリーンも大小合わせて5枚あったし、細かいスクリーンも8本ある。

蟹の手足のようなものが4本ずつステージの左右にあって動くヤツで、

ここにもスクリーンという役割があった。

そして何と言っても、MAGICを演奏中に、B’zやバンドのメンバーがいるステージが

ステージごとアリーナ席に敷かれたレールの上を移動していくってことだな。

俺のライブ参戦史上、初の出来事だった!

ステージの床は透明になっていて、ラッキーなお客さんは下からステージを見上げることが出来る。

球場の外野にあるステージが、ホームベースの位置まで移動する。

こりゃもう、スタンド席にも堪らない演出(MAGIC)だ。

愛のバクダンでは、いくつもの黒い爆弾風船が会場内をフワフワ飛び回っていた。

それを破裂させると小さなハート型の風船が無数に出てくる仕掛け。

それから、B’zでは珍しいミニ劇みたいなものを稲葉がやっていた。

井戸!!

ハイテクを使った井戸だね。

俺はその時、今までのB’zのライブがLIVE重視だったところから、

少しエンターテインメント要素を取り入れてきたんだなぁってことが嬉しかった。

だからすごくこのライブが楽しかった。

本編が終わったのが22:00ぐらいで、そこから20分強のアンコール。

アッという間の約2時間半だった。

次戦、3/6(土)も燃えるぞ~!



nice!(0)  コメント(1) 

10/17 宇都宮隆 Zepp Tokyo [ライブ]

10月17日(土)

約半年ぶりのライブだ~!

なんかワクワクするね、この感じ。

でも今日は今までのライブとは趣が違う。

披露される曲のほとんどをしらない、ということで~す。

いつもなら完全レポートをあげていますが、今日は無し。

で、宇都宮隆というのは、相方の希望もあり、無理矢理チケットを都合した。

会場はZeppTokyoなのに1階に座席指定がある!?

こういうこともあるんだね。

で、出発する前にネットで首都高の渋滞上を見るが、え!?

まるで渋滞していない。

お台場の駐車場情報も満車が1ヶ所ぐらい。

とりあえずお台場に着いて、臨時駐車場がかろうじて営業していたからそこへ車を停めた。

Zepp01.jpg
15時の様子

まずは会場へ向かってみると、やっぱり全然人がいない。

16時からグッズの販売がある紙が貼られていた。

Zepp02.jpg
15時の様子

このツアートラックのそばに、10人くらいの男女が溜まっていたが、なんだったんだろう?

ヴィーナスフォートで時間をつぶし、軽食をとった。

で、このヴィーナスフォート、シャッターを閉じている店がすごい多かった。

ヴィーナスフォート全体がつぶれるの?と思ったが、この冬、リフォームするらしい。

Zepp03.jpg
17時開場後の様子

で、開場時間が来たので再びZeppに向かう。

思ったより人が少ない。

ま、それは1階に座席があるから1000人くらいしか入らないし、2階と合わせて1200人くらいってトコか。

想像通り、30代50代って感じの女性が多い。

今回、宇都宮のソロってことだけど、バックバンドをFENCE OF DIFENCEが努める。

TM NETWORK時代からバックバンドを専任していた彼らがいるので話題もあったそう。

う~、俺はよく知らないが。。。。

で、楽曲はTM時代からTMN、ソロ、FENCE OF DIFENCEの曲が披露された。

まぁ、俺としては、GET WILDが聞けたからそれでいいや。

MCは宇都宮って得意じゃないみたいね。

素でやってるのが年期を感じさせるけど、なんか初々しい。

FENCE OF DIFENCEの彼らが絡んでいるので助けられているって感じだ。

アッという間の2時間20分ぐらいが、今日は楽しめた。

やっぱりライブを見ると、俺もステージに立ちたくなってくるね。




nice!(0)  コメント(0) 

4/12 浜崎あゆみ さいたまスーパーアリーナ NEXT LEVEL 完全レポート!! [ライブ]

4月14日(火)

【 ネタバレ内容です 】

さいたまスーパーアリーナの2日目。 ここで日曜日に行われるライブは、土曜日よりも開演時間が2時間ほど早くなるのが定石だ。 だから出発を早くしないといけないけど、ちょっとゆっくり目に家を出た。 イベント用の駐車場には絶対入れないような開場30分前ぐらいの到着になるだろうから、ハナから遠目の駐車場狙いだ。

川越あたりで若干の渋滞に遭遇したが、でも昨日よりもトータルでは早く着き、2時間もかからなかった。 さいたまスーパーアリーナ付近を歩いている人を見かけると、全員これからあゆのライブに向かうんじゃないだろうかと思えてくるからおかしい。

テクテク歩いて会場に近づいていくと、イベント用の青空駐車場が開放されてなく、かわりに大型トレーラーが10台以上、止まっていた。 おやおや、今日は駐車場になっていないんだな。 ゆっくり目の到着でまったく問題なかった。

090412_01.jpg

会場前の広場につくと既にたくさんの人が集まっていた。 驚いたことにグッズ売り場は全然混雑してなく、ちょっと待てはすぐ売り場にたどり着けるような感じで、昨日とはそのレベルが違う。

090412_02.jpg

090412_03.jpg

この広場は2階という位置にあるので、下を走る道路のほうを見てみると、あゆのデコレーションを施した1BOXが5台ぐらい止まっているのが見えた。 その周りにたくさんの人が集まって写真を撮っていたりしていた。 とりあえず、俺もその仲間に加わってみた。

090412_04.jpg

090412_05.jpg

そうこうしているうちに開場の15時が近づいてきたので入場列に並ぶことにした。 15時を少し回ったところで開場となり、今日の座席に向かう。 2階214扉23列277番が今日の観覧座席だ。 ステージを正面に見て、左側のスタンドで、なおかつ、ほとんど後ろ側。 座って真正面を見ると、ライブをコントロールするコントロール盤が置かれているのが見える位置だ。 おかげで今日は一体いつライブが始まるかを予想できた。

090412_06.jpg

今日は昨日以上に会場内の加湿が行われているようで、ステージをみると、ほんとに真っ白なモヤに包まれている感じだった。 それでもステージの最上段には赤い和傘が開かれた上体で斜めに置かれ、それを左後方からスポットライトを照らしてある。 そしてステージの前列は青いライトが下から上へ数本、光の筋が伸びていた。

ほどなくステージ左右脇にある大きなモニターに、あゆぱんというキャラクターが登場し、ツアーグッズなどの紹介を始めた。 これは時間をおいて2回上映された。

16時になった。

お客さんの入場がまだありつつも、それほど多くはない状態だ。 それでも各出入り口のドアはまだ開かれているようで、このことからもまだ開始には時間が掛かるのが分かる。 客席に埋もれているコントロール盤の方へ目をやると、スタッフがスタンバイしている様子が見えない。 少し動きはあるものも、入れ替わるスタッフに声をかけているのだろうか、雑談しているのだろうか、という感じだ。

昨日の初日は20分遅れのスタートだったので、せめて10分遅れ以内で始まれば優秀といった感じかな。

だけどその期待もむなしく、20分が経とうとしていた。 すでに出入り口の扉は閉じられ、ほとんどお客さんの動きもない。 コントロール盤にはスタッフがスタンバイしている。

俺の周りでは、「まだ始まんないの?」などという声がチラホラ聞こえていた。

と、コントロール盤のスタッフの動きが、真正面を向いて止まった。

くるぞ!!

16:21、満を持してあゆのツアーの2日目が始まった。

フッと洋楽のBGMが早いフェードアウトして、最初にスタンドの照明が消え、それからアリーナ全体の証明が消えた。

同時に沸き上がる歓声、そして青いLEDのペンライトが無数に光り出す。

その中、あゆの声が聞こえる。

アリーナツアー2009 NEXT LEVELへようこそ

オープニングの曲が流れ出す。

Pieces of SEVEN

NHKなどで放送が終了すると出てくるカラーの確認画面のような模様がステージのスクリーンに映し出されたりしている。

いつの間にか、ステージ最上段にポツンとあった和傘は消えていて、代わりに5人のダンサーがそれぞれに和傘をもって登場している。

曲が終わると、客席中央にある丸ステージに、10mぐらい上から真下へ向かってグリーンのレーザー光線が円錐上に光り出す。

徐々にその円錐の直径が広がっていくと、その中にあゆの姿が見え出す。

メインステージ上ではなく、丸ステージから登場したあゆにいきなり沸き上がる歓声の嵐。

この丸ステージにはポップアップという床下からスッと出現できる装置があるのだ。

メインステージ上の3つと併せて合計4つある。

すかさずあゆは歌い出す。

Rule

映画ドラゴンボールの主題歌になっている曲を、早々と披露。

あゆは丸ステージの中央で歌い、その周りを赤い和傘を持った5人のダンサーが踊っている。

メインステージにゆっくりと移動しながら歌っていく。

UNITE!

メインステージ上には12人の男女のダンサーを従え、「♪ 自由を右手に…」とハイテンションナンバーをここにも持ってきている。 あゆは間奏で手の振りを観客にあおっていた。 この曲は青いライトを中心に構成された。 そして後湊が続く中、あゆはステージから姿を消していた。 たぶん、ステージの奈落を使って降りたんだと思うが、未確認。 曲が終わると一旦ステージのライトが消え、ダンサーがいなくなる。

Disco-munication

ステージの巨大画面に、赤い衣装のヘソだしルックのあゆが登場。 どことなくマリオブラザーズ風だ。 俺の付近からも「かわいいー!!」という声が多くあった。 ジャンプしてアイテムを発生させ、そのアイテムを取って巨大化。 その巨大化でドカンやブロックをなぎ倒すあゆがいた。 エヘンムシみたいな黒いボスを倒すところまで用意されていた。

EnergizE

すぐさまこの曲が始まると、その映像の姿のあゆが登場。 再び沸き上がる会場。 女性ダンサーはメチャクチャ派手なチアガール風で登場。 男性ダンサーは野球のユニホーム姿で登場。 1人、アンパイヤがピンク色のガードをつけて登場。 曲の途中でそのアンパイヤのガードにダンサー4人がボールを投げるんだけど、マジックテープのようなボールが2つしかくっつかなかった。 慌てて床に落ちた2つもアンパイアのガードにくっつけるダンサー。 昨日は4つとも上手にくっついたんだけどな。 間奏では、ダンサーによる組み体操が披露された。 証明は青、ピンク、黄色、白、とカラフルなものだ。

AUDIENCE

衣装は変わらずそのまま歌い出すあゆ。 これもハイテンションナンバーだ。 ほとんど曲間がないノンストップで始まっているので、見ている方もテンションが自然とあがってくる。 まだ2日目だからセットリストを把握していない人も多いからな。

Load of the SHUGO

インストの曲だけど、誰も居ないステージ上に映し出される映像のBGMとして使われた。 このアルバム「NEXT LEVEL」にはインストの曲が多いからこういう使い方が出来る訳だ。

どこかの廃墟の街が映り、そして1人の男が椅子に座らされ、身動きできないように縛られている。 その周りを4、5人の女性に囲まれ、いかにも拷問にあっているという設定。 その様子を頭であるあゆが見守っている感じだ。 でもちょっとその男に思い入れがあるような様子だ。 場面は進み、牢獄。 あゆはその男の牢獄の扉を開ける。 出てきた男に水の入ったグラスをあゆは左手で差し出すと、それを右手でなぎはらう男。 あゆは動かない。 男は操作盤をいじくり、ほかの捕らわれた男たちを解放する。 逃げ回る男たち、慌てる女たち。 ステージ上では映像に出ていた姿をした女性ダンサーが、いかにも男たちを探しているアクションをしていた。

LOVE ’n’HATE

映像に出ていた姿の男たちもステージ上に現れ、ダンスが続く。 映像の中であゆが気になる男が、あゆに絡むシーンが多く披露された。 赤いライトが多用された。

identity

この曲はほとんど男ダンサー1人を従えてあゆは歌った。 この曲は赤と白のライトがメインだった。 間奏で男ダンサーと絡んだ時に、4発、ステージ上から花火がなった。 これにはメチャクチャ驚いた。 歌い終わるとスッとあゆは奈落でステージ上から姿を消した。

In The Corner

何かを周期的に打つような音が続き、ステージ上には、いくつもの椅子が現れた。 その1つ1つに、ステッキが立てかけられている。 黒帽子、黒いスーツ姿の男ダンサーが現れ、そのステッキを持って踊り出す。 ステージ中央にダンサーが集まった中に、あゆはポップアップで椅子に座ったままステー上にあがってきた。 あゆの衣装も黒系だったかな。 曲が終わると、再びステージの奈落で消えていった。

HOPE or PAIN

ステージの巨大モニターに動きの少ないあゆの映像が出てきた。 雪が静かに降り続ける中にあゆがいた。 男との複雑な関係を思わせる映像だった。 雪と紅葉のシーンがあったりと印象的だった。 はじめの方はオリジナルイントロなんだろうか、これが終わるまであゆは姿を現さなかった。 ステージ中央のポップアップで、真っ白なドレスを着たあゆが登場。 ウェディングドレスじゃないよな、あれは。 実はこのあゆの登場は、2日目はうまくいったようだけど、初日は、ポップアップであがってきたときに、ドレスの左後ろ側の裾を床に挟まれてしまい、左手であゆが引っ張って外すという軽いハプニングがあった。 あゆの後方の、ステージ最上段では女が踊っている。 曲の2番で丸ステージから映像に出ていた男も登場した。 複雑な関係を意味していたんだと思う。 あゆはメインステージと丸ステージを結ぶ通路の中央で歌い続ける。 そのうち、男が丸ステージからあゆに向かって走り出したかと思えば、その後ろ、メインステージにいる女の元へ走り抜けてしまった。 曲が終わると、あゆはそのままの位置で止まり、男女は姿を消した。

GREEN

あゆが歌っていると丸ステージから直径8mぐらいはある輪がせり上がってきた。 それには緑色に照らし出されたヴェールが光っていた。 そのなかに前の曲から出てきていた男女が踊っている。 そのヴェールにあゆが背を向けると、緑色が白になり、踊っている中の男女がよりハッキリと見えるようになるんだけど、あゆがその方を振り向くと再び緑色になってしまい、見えにくくなるという演出が仕組まれていた。 再びあゆが背を向けると、今度はヴェールの輪が徐々に下がって踊る男女がむき出しになっていった。 今度はそれをあゆが見るという場面設定だった。 あゆは丸ステージの中央歩いてきた。 曲が終わると、あゆはそのままの位置に止まり、照明がフルダウンする。 その間に男女ダンサーはステージに向かって走り出し、その途中の通路にもうけてある、下へ降りる小さなスライドを使って消えていった。

Days

照明がつくと、あゆの真っ白い衣装が薄いピンク色のドレスに変化していた。 そして丸ステージが高く上昇して、その上であゆが歌っている。 2番になると上昇したステージが降りて、あゆがが丸ステージの端に向かって歩き出した。 すると中央のポップアップから白いコート姿をした男が登場。 ステージ上の2人は180度対象の位置を取っていると、ステージのターンテーブルが回り出した。 回転が止まると、あゆはメインステージに向かって歩き出した。 男は丸ステージ上で踊っている。 曲の最後であゆは白いコートの男に後ろから抱きしめられた。 そして奈落でステージから姿を消した。

HOPE or PAIN、GREEN、Daysの3曲構成でミュージカルような演出があったのはとてもおもしろかった。

BGM

たぶん、オリジナルのBGMだと思う。 さっきまでの3曲構成にプラスされる演出なんだろうか、ステージ上には誰も居なく、代わりに、宙にぶら下がっている女性が1人いた。 しなやかな空中芸を披露していた。 曲が終わると、ステージの奈落で消えていった。

evolution

少し眺めのバラード系のパートが終わり、ここから本編後半のハイテンションモードへ突入。 ダンサーもカラフルなキラキラ衣装で登場。 しかし、ほとんど曲間がない状態が続き、衣装替えなどとても忙しいはずのあゆは、サラッとステージをこなしているように見えるから不思議だ。

SIGNAL

このあたりのあゆの衣装はどんなんだったか不覚にも忘れてしまっているのでご勘弁。 みなさんの目で確かめてください(笑)。 オレンジやピンクの照明が多用されていた。 後湊になると、あゆは一足早くステージから消えていた。 でも12人のダンサーを1人ずつ紹介するあゆの声があった。 これは録音したものを再生しているんだと分かる。 ダンサーが紹介されると少しの時間だけ、自分のダンスを披露する時間が与えられた。

rollin’

カラフルなダンサーの衣装がアッという間にキラキラシルバーの衣装に替わると、その集まった中央のからポップアップを使ってあゆがキラキラレッドの衣装で登場。 金髪のボブカットのカツラをつけている。 パンツはキラキラブラックだ。 この曲は少しコミカルな動きや雰囲気でかわいらしさを出していた。 行進している姿とか、なかなかおもしろい。

Sparkle

そのままの衣装で 「♪ No No No…」であゆは「もっと!! もっと!!」と会場を何度もあおっていた。

Bridge to the sky

ステージの巨大モニターにキレイな、さわやかな青空が映し出されていた。 静止画でなく動画だ。 とてもいい感じだ。 照明はそれに合せて青いライトだ。 するとあゆのフォトに変わっていった。 さらに、今まで撮影されていた様々なオフカットの画像がめくるめく変わっていく。 さらに、学生時代とか、幼少の頃まで、果ては赤ちゃんの頃の画像も出てきた。 そこから今度は逆戻りで現在に早巻きで戻っていった。

NEXT LEVEL

たぶん、映像が流れている間にステージの最上段に椅子がセットされていたんだと思う。 そこからあゆが登場するかと思ったら、普通にステージの下段のポップアップで登場。 その姿は白い衣装だ。 衣装にキラキラ光るものはないが、帽子には小さな光り物がいっぱい付いているようだった。 ダンサー6人も白い衣装で登場。 途中、別の6人と入れ替わり、最後には12人がそろっていた。 曲の後半、あゆはステージの最上にある椅子に座り、まさかと思っていたら、その椅子が宙に浮かび、少し前進してきた。 その椅子の下には、3段のシャンデリアがぶら下がっている。 そこに白いスポットライトが集中的に浴びせられるものだから、メチャクチャ光っていた。

この曲は、TVのデジカメのCMで超おなじみの曲。 ま、ほかにもいっぱい有名な曲があったけど、今の俺はこの曲が1番気に入っている。 ひょっとしたらアンコールで歌うのかと思っていたけど、どうやら本編の最後に持ってきたっていう感じだ。

短いBGM

ステージの前列にあゆとダンサーを含めた13人が1列に並んだ。 そしてステージの左側へ向いて、左手を高く差し伸べて、深く一礼。 こんどはステージの右へ向いて、右手を高く差し伸べて、深く一礼。 そして中央へも一礼をするかと思ったら、少しはしゃぐようなポーズをみんなで取った。 すかさずステージの照明が消えて、みんな走り去っていった。 へぇ~、こんな終わり方をするんだと驚いた。

本編終了は17:48だ。

それからあゆコールが始まるが、やっぱりバラバラになってしまう(笑)。

アンコール開始は17:55だ。

Curtain Call

ステージ最上段にグランドピアノとあゆがいる。 その姿はGパンに白いツアーTシャツという姿だ。 ステージ中段には2人の女性コーラス。 ステージ下段の左右には、それぞれ6人ずつぐらい黒い教会衣装を着たような感じでコーラスをしている。

For My Dear...

そのままの感じでこの曲も歌ったと思う。 ちょっとここはあやふや。。。 青い照明がメインだ。

MC

曲が終わってまず、「どうもありがとう~!」 それから「イエイ!!」を繰り返した。

「さいたま2日目元気ですか!! ようこそ2日目ー!!」 ということでMCのコーナーです。 「いつもなら当一座のMCを紹介するんだけど…」と、展開がいつもと違うらしい。

「急遽、今年から新しいMCを育てようと…」とあゆが話すと会場は「え~!?」と言う声が上がった。

その中で従来のMC担当のよっちゃんは咳払いを数回。

仕方なくよっちゃんは、「イエーイ!」「イエーイ!」「イエイイエイ!!」「ヒューヒュー!!」と定番らしい挨拶をした。

「今日みんなに集まってもらったのは他でもない」と、いえいえ、ライブの為に集まったんですよって(笑)。

「そろそろ若いMCを育てないとな」

「誰~?って言ってるよ」と突っ込むあゆ。

よっちゃんは手前の客席をさして「じゃ、そこの人! あなた上がってきて?」 とあゆは「アハハハ」

「よっちゃんが新MC担当を育てたいということを本番前に、ホントに直前に決めたんで、まだ本人には知らせてません!!」とあゆとよっちゃんの悪企みが。。。 会場からは「え~!!??」という声も大きく上がった。

「カモン、ジーン!!」とあゆに呼ばれたのは、ダンサーのジンという人だ。 ステージの左袖から入ってくるジン。

「ホントに聞いてないですよ~」

「はい、言ってないです」と小悪魔的なあゆ。

「今、後ろで誰なんだろう?誰なんだろう?って言ってたら、あぁ俺だ~!!って」

「アッハッハッハ」

「ジン、イエーイ!はやってくれよな」

「そうそう、イエイの一言で1万7000人を熱狂させないとけいないからね」とあゆがジンにさっきのよっちゃんがやったことをやらせてみる。 なんとか会場も答えてくれて、調子にのって最後に「ジン、ジン!!」って付け加えてしまった。

「それいらない!!」とあゆに突っ込まれるジン。

「じゃあ、私、黙ってますからMCを進めてください」と言われると、「ツアーが始まりました。みなさん楽しんでくれてますか?」とまでは良かったものの、やっぱり何をどう進めていいか分からず、あゆにすがるジン。

「タモさんやります?」とあゆに言われ、会場からも拍手が鳴り響く。 「チャ! チャチャチャ!!」をとりあえず成功させる。 そのときジンは寿司を食べる仕草で締めていたようだった。

「説明しなきゃ分かんないよな」

で、話に詰まるジンは、「MY ALLの振り付けに行っていいですか?」と先を進めようとするが、もう少し引っ張るようだ。

あゆから「どうですか? 今年のツアーは?」と聞かれて、「はい、すごい楽しいです」と普通に答えると、「つまんねぇーよ、ジン!!」 「俺、マジでつまんねーですよ(笑)」 「アハハハ」

で、振り付け講座になるときに、今年のツアーから参加する新しいダンサー3人をステージに呼んだ。 「ロッキー、にーやん、かずまー!!」

そして振り付け指導が行われた。 ところが、ジンの指導があやふやになり、すかさずあゆは「今、ジンさん間違えました」

代わりにあゆがリードして、最後まで指導してしまうと、会場から拍手が起こり、タモさんの「チャ! チャチャチャ!!」をあゆが締めた。 そのとき、あゆは鼻に右手の拳をあてて、天狗を表現していた。

「俺、去年1年間、何やってたんですかね?」とジンが言うと「アハハハ」と笑うあゆ。

そしてゆっくり目な伴奏で最後の振り付けの講習をした。

「今日は、ジンさんのMCの第1回目ということでグダグダでしたけど、また次回お願いします」

「はい」

「この振りは1番最後の曲でやりますのでしっかり覚えておいてください!」

「では次の曲、バンドの準備はいいかい?」
「スタッフ準備はいいかい?」
「ダンサーズ準備はいいかい?」
「お客さん準備はいいかい?」
「OK、さいたまスーパーアリーナ準備はいいかい?」

everywhere nowhere

ステージの中央にあゆが立ち、その後ろに4人のダンサーが1列に並んでいる。 そのあゆの左右にもダンサー4人ずつの列があり、合計3列。 それで千手観音のような手の振りをしていた。 そのうち、ダンサーたちが丸ステージにやってきて、グルグル回っていたが、それにはあゆは加わっていなかった。

Boys & Girls

イントロからあゆが観客をあおっていた。 照明はレインボー色に彩られ、すごく華やいだステージとなっている。 俺の周りでもあゆと一緒に歌っている女性が多かった。 そういや、あゆのライブの観客って女性がかなり多いんだな、やっぱり。 ステージのモニターにはこの曲も歌詞が出ていて、歌いやすい環境が整っているし、まぁ、超有名なナンバーだもんな。

長目の間奏でもあゆは、客席を思いっきりあおっていた。

「おまえらサイコー!」

曲の後湊で、あゆはバンドのメンバーを紹介していった。 それぞれに短く楽器でアピール。

それからみんなで「♪ ta la ta la…」を両手を挙げて会場が一体となっていった。

MY ALL

間髪入れず、さっきの振り付けの曲が始まった。 ダンサーがステージの左右にいっぱいに広がって1列になっている。 その中央であゆが歌っている。 サビで会場のみんなもさっきの振りを全員でやっていた。 会場の照明は比較的明るく照らし出されていた。

後湊になるとあゆは丸ステージに続く通路に出て、ステージを見るように振り返ってしゃがんだ。 そしてダンサーを1人ずつ紹介していった。 スタッフにも「どうもありがとーー!!」

そして立ち上がり、会場を見渡し、「今日、ここにいるみんなーーー!!!」

「あゆでしたーー!!」

もう1度サビを歌い出すと、ステージから銀テープのシャワーが飛び出した。 

「どうもありがとーー!!」

まだ後湊が鳴りやまない。

あゆは列に戻り、ステージのみんなと一緒に左側を向き、左手を挙げる。

「ありがとうございました!!!」

それから右側を向き、右手を挙げる。

「ありがとうございました!!!」

正面に向き直って、

「ありがとうございました!!!」

そして曲が終わった。

「どうもありがとうございました!!!」

静かにキーボードの伴奏が鳴り響く。

バンドのメンバーもステージの列に加わり、全員が手をつなぎ、バンザイをして一礼をした。

そして観客の歓声の中、ダンサーやバンドのメンバーがステージから去っていった。

あゆは丸ステージまで走り出し、丸ステージ上でグルッと周りなら、

「また会おうね!!!」

「どうもありがとーー!!」

と何度も言っていた。

それからステージに戻り、

「昨日と今日、さいたまスーパーアリーナをやらせていただきましたけど、お客さんのパワーがものすごくて、みんなと同じ時間を過ごせて良かったと思っています。 どうもありがとうございました。 また、どこかで再会しようね!」

「それでは、今日は、サイコーの時間をーーー!!!」

と言うと照明消えて暗くなり、あゆにスポットライトが当たる。 あゆはしゃがみ込み、マイクをおく。

この時点で客席からは大歓声が上がる。

それから両手のリストバンドを1つにまとめてポケットにしまった。

それから立ち上がり、なかなか止まない歓声が止まるのを待っている。

そしてやっと静かになったところで、マイクを使わずに叫ぶ。

「ありがとうございましたーーー!!!」

会場から大きな歓声が上がると、あゆはステージの左袖へと走って去っていった。

すかさず終了を告げる場内のアナウンスが流れ出して、さいたまスーパーアリーナ公演2日目のすべてのプログラムが終了した。

18:40だった。

昨日と同じくらいの時間が経っていた。

心配だった俺の右耳は、昨日と打って変わって全く普通に聞こえていた。 昨日はライブが終わった瞬間から右耳がボサボサいってしまい、もうお仕舞いだと半ば諦めていたからなぁ。

090412_11.jpg

そして混雑するAゲートから出るときに、サンキューカードを受け取った。 これはライブ終了後3時間以内に書いてあるURLアクセスすると、あゆからサンキューメールが届くというものだ。 これまで数々のアーティストのライブに参加しているが、こんなサービスはあゆでしか知らない。 これは帰りに寄ったマックでアクセスした。

090412_12.jpg

Aゲートを出るとお約束の撮影タイム。 会場前の様子を撮影。 グッズ売り場もメチャクチャ混雑していた。

090412_13.jpg

ライブが終わってもまだ19時っていうのがちょっと不思議な感じだけど、2日続けてライブに参加したことで気分が良かった。

090412_14.jpg

いやぁ、やっぱりライブはいいね。

久しぶりに本気モードのライブ観戦で、しかもメモを片手に!

結構しんどいものがあったけど、ライブレポートとしては、情景が分かるようないい出来になったんじゃないだろうか。

どうしても参加できない人にも、あの雰囲気が伝わったらなぁと思います。

---セットリスト---

1.Pieces of SEVEN
2.Rule
3.UNITE!
4.Disco-munication
5.EnergizE
6.AUDIENCE
7.Load of the SHUGYO
8.LOVE 'n' HATE
9.identity
10.In The Corner
11.HOPE or PAIN
12.GREEN
13.Days
14.オリジナルBGMかな?
15.evolution
16.SIGNAL
17.rollin'
18.Sparkle
19.Bridge to the sky
20.NEXT LEVEL
21.オリジナルBGMかな?

--アンコール--

22.Curtain call
23.For My Dear...
--MC--
24.everywhere nowhere
25.Boys & Girls
26.MY ALL




nice!(0)  コメント(0) 

4/12 浜崎あゆみ さいたまスーパーアリーナ NEXT LEVEL [ライブ]

4月12日(日)

ライブレポートの完全版はここをクリック!

え~、今日も引き続き、あゆのライブに参戦した俺だった。。。

チケットがあったからね。

で、今日は15時開場という早めのスケジュール。

この大宮では日曜日にいつも通りの時間帯でライブを行うと、終電が厳しい地域が出てくるから早めにやるという配慮らしい。

で、会場付近に着くと、昨日停める予定だった駐車場がない。

トレーラーが10台ぐらい入っていて、駐車場が作られていない。

あらかじめ別な所に車を止めてきていたから俺には問題なかったけどな。

15時をちょっと回って開場になり、中に入る。

今日は昨日と違い、ステージの左手側の2階席で、だいぶ後ろよりの23列277番。

ここなら昨日のようなライブ後の耳に著しい異常が出ることはないだろうと軽く気構えていた。

これはその通り、ライブ後、全く今日は問題なかった。

今日も大幅に遅れて21分遅れのスタートだ。

16:21スタート!!

もうちょっとなんとかならんのかね?あゆ?

セットメニューは昨日と同じ。

あゆはセットメニューを変えるってことはほとんどないのかな?

見る位置が違うので、それはそれで楽しめるからいいんだけど。

本編は17:48終了!

アンコールが始まって、MCのコーナー

定番のよっちゃんが出ず、後任のMC担当を育てようということらしく、ダンサーのジンが呼ばれた。

本人には全く告げられていないということで、あがるジン。

あゆからもMCを任されて、しどろもどろ気味(笑)。

とっとと「MY ALL」の振り付け指導が始まった。

昨日よりもMCの時間は半分ぐらいで短かった。

それから曲が続き、全行程、18:40に終了!

詳細なライブレポートを企画しています。

後日、アップする予定です。


---ネタバレ・セットリスト---
全く曲名を知らないから調べまくった

1.Pieces of SEVEN
2.Rule
3.UNITE!
4.Disco-munication
5.EnergizE
6.AUDIENCE
7.Load of the SHUGYO
8.LOVE 'n' HATE
9.identity
10.In The Corner
11.HOPE or PAIN
12.GREEN
13.Days
14.オリジナルBGMかな?
15.evolution
16.SIGNAL
17.rollin'
18.Sparkle
19.Bridge to the sky
20.NEXT LEVEL
21.オリジナルBGMかな?

--アンコール--

22.Curtain call
23.For My Dear...
--MC--
24.everywhere nowhere
25.Boys & Girls
26.MY ALL


nice!(0)  コメント(0) 

4/11 浜崎あゆみ さいたまスーパーアリーナ NEXT LEVEL [ライブ]

4月11日(土)

ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A ~NEXT LEVEL~

ツアー初日。

今年最初のライブはこの4月11日だ。

森高の誕生日である。

俺のライブ参加として4月は比較的ゆっくり目だが、ま、年始は小説三昧だったし、3月からは変な耳鳴りに悩まされ、今もまだちょっとおかしいし、なんかいろいろ万全じゃないって感じだな。

で、流れを変えたくライブに行こうと考え、どんなアーティストがあるかと3月終わりに検索。

あっ、あゆがある。

なんかCMソングがやたら多く出ている感じだったので、だいたいの曲は分かる。

特にパナソニックのデジカメの自分認識のCMで流れている曲がいいフレーズで印象深い。

このツアータイトルにもなっているNEXT LEVELだ。

とりあえず最近出たというアルバムを借りようと思ったら4/11レンタル開始!?

それじゃ間に合わんってことで、ネットでダウンロード。

音質はともかく、意外と全曲無料でそろってしまった。

なんか恐ろしい時代だな。。

これじゃCDの100万枚セールス記録なんて、もうこのご時世、あり得ない話だ。

話は戻り、2年前に1回、あゆのライブは見に行った。

横浜アリーナだったな、あのときは。

前の会社を辞めてライブ三昧していた時だ。

090411_1.jpg

この初日のライブってことで、開場の2時間前に着いたんだけど、いつものイベント用の駐車場に入れず、思いっきり出鼻をくじかれた。

しかも、別なトコ止めて歩いてきたら、満車で断られたその場所に車が何台も入っていくではないか!!

おいおい!! どーなってんだよ、あの駐車場は!!??

090411_2.jpg

やっぱり初日ってのは、ツアーグッズを買い求める人が多いんだよな。

090411_5.jpg

去年のB’zや氷室の時もそうだったし。。。

で、風がやたら強い。

開場が15分ぐらい遅れていたので、日もほとんど沈みかけているので、メチャクチャ寒かった。

で、その入場待ち列に並んでいると、5mぐらい先にある、4階席、5階席への入場口を知らせる青い鉄骨の案内板が風で倒れた。

幸い、倒れた方向に誰も居なかったので良かったなぁ。

やっとこ会場入りをして、自分の座席に着く。

今日はステージ右サイドだ。

ほぼ真横って言ってもいい、2階席の31列目。

去年のB’zの豊田スタジアムで見たような位置で、意外と見やすい位置だった。

ステージの様子もよく分かるしね。

で、ステージからは開場のド真ん中まで細い通路が延びていて、その先端は直径10mぐらいの円形ステージになっている。

ステージの上には6段の階段が2つ縦に広がっていた。

その後ろに巨大なスクリーンが6つあり、ステージサイドにもスクリーンが2つあった。

開演時間の18:30を20分ぐらい過ぎ、やっとこツアー初日が始まった。

この20分遅れってのはちょっと意外だったな。

最初にダンサーが5人出てきて、そのあと、あゆが会場中央の丸いステージの奈落から飛び出てくるという感じだった。

俺から見る位置では、奈落の天板が下がったりするのがちゃんと見えるので、どこから出てくるかよく分かった。

1曲目はRuleだ。

ハリウッド映画、ドラゴンボールのテーマ曲となっている。

背景のスクリーンには、ドラゴンが暴れていたのが印象的だ。

シェンロンとは違うデザインだったけど、意識しているのがよく分かる。

で、2曲目にUNITE!がキタから会場も最初から乗ってきている感じだった。

3曲目以降、やっぱりというか、曲名がよく分からない俺なので、不明です。

ほかのブログなどで検索してくれ~。

2年前の時のように、あゆのステージは、本編は一切MCがない。

やっぱり本編はエンターテイメント性が重視されて魅せるステージングなので、だろう。

特に、バラード3曲が続いた時は、映像と、曲と、歌詞と、ダンサー2人と、あゆが、1つのストーリーに沿っていた。

最初の曲で、あゆと男性ダンサーの恋愛が表現され、

次の曲で、お互いのすれ違いで男性ダンサーが女性ダンサーに惹かれて、あゆから遠ざかり、

3曲目のDaysで、男性ダンサーがやっぱりあゆを想う気持ちに気づき、でも元に戻れないから、せめてあゆを好きでいていていいですか?と、歌詞の通りに表現されていた。

このDaysは、あゆが男性ダンサーの気持ちを歌っているんだけど、

「♪ 君を想うそれだけで…」

で、感情移入の極限にきているあゆは涙ぐんでいた。

俺のいる席からでは涙が流れていたのかはちょっとわからなかったけど、なんかすごいこだわって創っている感じが良かった。

昔、どっかのTVでライブに向けての裏側の取材をした番組があったんだよな。

一切妥協しないあゆの取り組み方って記憶が戻ってきたよ。

それから曲はいっぱい進み、本編ラストの曲はNEXT LEVEL

いいね、これ。

ダンサーも全員白い衣装で、なんかTVのCMの感じに思えた。

アンコールを挟んで、MCが始まった。

特に初日は話す内容を決めてないそうだ。

ギターのよっちゃんが、あゆに「写真集出したんだって?」という話から始まった。

照れてるあゆ。

ヒューヒューじゃないって!!

と会場の声を止めたがっていたな。

それから新しいダンサーが3人出てきて、簡単な自己紹介。

ジンというダンサーが出てきて曲の振り付け指導をするが、曲名知らず。

2、3曲は、その振り付け指導した曲ではなく、最後の方にきた。

すべての曲を歌い終えたあゆは、ダンサーとバンドのメンバーを見送った。

そしてマイクを床に置き、会場が静かになるのを待つ。

そういや2年前もこういうことをやっていたな。

ってことは毎回、これをやってんだ、あゆは。

と、ほとんど忘れていたことを思い出した。

ありがとうございましたーー!!

しっかりと声が聞こえた。

そのままステージの左袖へと走り去っていってこのツアー初日がすべて終了。

いや~、久しぶりのあゆのライブにきて楽しめた。

あ、そうそう、本編にはあゆがマリオの役なったゲーム映像が流れて、マリオさながら、ジャンプしたり、大きくなったり、アイテムとったり、敵をやっつけたりしていた。

その映像の衣装を着て登場してきた時はビックリ。。。

そんなちょっとコミカルな演出もあったっけな。

女性ダンサーの1人がステージの上空でサーカスさながらに踊っていたのもあった。

090411_3.jpg

090411_4.jpg


で、ライブが終わって非常事態に俺は陥った。

右耳がかつてないほどにおかしい。

おかしすぎる!!

ボアボア言って、メチャクチャ気持ち悪い。

ライブの音圧で、鼓膜がいってしまったと思った。

実は明日4/12もあゆのライブを予定しているから、正直、参加できないと思った。

とてもじゃないけど、再び病院に行くしかないというふうにしか考えられなかった。

とりあえず聞こえる左耳を押さえても、右耳からは音はなんとか聞こえる。

これってあゆの症状と同じなのかな?

で、ライブが終わって2時間ぐらいした時の、帰りの車の中、徐々に右耳のボアボア状態が収まりつつあるのが分かった。

このブログを打っているときは、以前のちょっとおかしいかな?レベルまで戻っている。

う~ん、病院、どうしよう??

うちの近所の耳鼻科は日曜って休みなんだよな、そういや。。。

って、ことで明日のあゆライブ決行!! だな。




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。