So-net無料ブログ作成

4/25 レッドクリフ Part.2 [映画]

4月25日(土)

レッドクリフ Part.1の続編、というより後半戦という感じだが、このPart.2だけ観ても面白いというキャッチコピーもあるほどだった。

確かにPart.2だけ観ても三国志のこの戦いを知っていれば見応えがあるだろう。

でもPart.1を観ていた方が絶対にいい。

で、俺は三国志はシュミレーションゲームで知っている程度だったので、結末はあんまりよく知らない。

だから単純に全て楽しめた。

アクションなどの迫力が十分で、矢の回収や船の火攻め、地上戦も良かったし、疫病で逃げ去ったかに見えた劉備軍がしっかり戻ってきた事や曹操側の海将の抹殺などの知略、周喩の妻の行動など展開におもしろさがあった。

ただ、戦いの最後の方になってくると、その戦いの無惨さ、意味のなさが、大将の欲望によって引き起こされているのは日本と変わらないと思いつつ、やがて無性にハラが立ってきた。

そんな中、曹操が1人になったときに、始末されるのかと思ったら、去れ!ということで、勝者はいないと周喩は吐き捨てて帰って行く。

あまりの犠牲の多さにホントに勝者はいない。

戦争が残すものは悲しみだけだな。




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

孔明

主演の孔明です。(笑)

娯楽映画としては楽しめる作品です。
ただ、史実からも「三国志演義」からも、吉川版他の歴史小説
からも大きく外れた、オリジナル創作になっています。
”歴史物”というより、”娯楽時代劇(水戸黄門とかみたいな)”
なのでしょうね。ま、NHK大河も同様ですので、これはこれで
良いのだとは思いますが、史実が誤って記憶される危惧は
感じます。
by 孔明 (2009-05-02 10:34) 

KULILIN

孔明さん、主演お疲れ様でした(笑)。

娯楽時代劇(水戸黄門とかみたいな)って、まさにその通りですね。
仰るように、史実が間違って伝わるのはあってはならないと思います。
だから戦争の虚しさを十分に感じられ、さまざまなシーンの演出も楽しめたので観て良かったと思います。
by KULILIN (2009-05-02 11:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。